Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

コンサート

Jam Night 728 満員御礼その2

前回のコンサート情報の続きです!

 

 

オープニングはピアノソロでラヴェル作曲「鏡より道化師の朝の歌」を演奏しました。

画像はガンタさん提供の動画より抜粋。

動画から1

 

 

2曲めはギターとデュオでドビュッシー作曲「子供の領分よりゴリウォークのケークウォーク」

動画から2

 

3曲目、ジェームスブラウンの「Chicken」

私には亡きベーシストのジャコパストリアスの演奏の方が印象があります。

 

4曲目、「50 ways leave to your lover」(恋人と別れるための50の方法)

これはポールサイモンの曲ですが、バックミュージシャンがかの有名なジャズ・フュージョングループの「スタッフ」です。

ドラマーがスティーブガットフリークなので選びました。

 

5曲目、講座的なもので「Take The "A" Train」のアレンジについて実践を交えて解説。

もともとの4ビートの演奏でお手本を。その後、ボサノバにアレンジして、そして、ロックにしたらどうだといった感じでテーマの雰囲気を変えて演奏しました。

 

6曲目、その「Take The "A" Train」を「スタッフ」のスティーブガットとキーボードのリチャードティーがデュオで演奏しているものがあります。私が好きな演奏なので、ガットフリークの奈良ガンタさんと張り切って演奏しました!

動画から3

 

休憩を挟み二部へ〜〜〜〜〜

 

1曲目、「Chan's Song」は昨年10月にギターの福場さんと共演してから気に入ってもらい、彼のリクエストで再演しました。

私はもともと映画の「ラウンドミッドナイト」を見てハービーハンコックの美しいこの曲に惹かれました。多くの方に聞いて欲しい曲です。

 

2曲目、「Libertango」アコーディオン奏者のピアソラの有名な曲です。クラシックポップス問わず多くの方々が演奏しています。

この曲はドラムの奈良ガンタさんがウクレレに持ち替え、ウクレレ2台のデュオでした。ここで私は一旦退場。

 

3曲目、「天才バカボン」はなにを!!!と思われた方も多いと思いますが、2曲目の流れでガンタさんはウクレレのまま、私はドラムに移り、ジャンベは会場のお客様から舞台に上がっていただき共演しました。

ボサノバ風にアレンジしています。私が選んだのではないのですが、個人的に好きな曲なので、今度はピアノで演奏できたらと思いました。高校の時にドラムやっていましたが、舞台でドラムを叩くのは久しぶりです。生き生きしています♪

動画から4

 

4曲目、Jazzの聞き方講座みたいなのを少し。

各々のアドリブの後は拍手だとか4バースという4小節ずつの掛け合いがあるだとかそんなJazzの聞き方マナーを説明。

 

5曲目、私が初めて演奏する大好きなオスカーピーターソンの「SUSHI」親日家のピーターソンが来日するために作ってくれた曲だそうです。実際はかなりのアップテンポですが、当日はビシッとしたフュージョン系のノリで味わいを出しました。

ブルースですが、やっぱり私にはしっくりくる曲だと思いました。

 

6曲目、笠置シズ子の「東京ブギウギ」を演奏しました。ご年配のお客様も多くいらっしゃったので好評でした♪

こんな風にカッコよくなるもんなんです!

 

アンコールはミルトンナシメントの「Travessia」美しい曲です。

 

本当の最後にはお客様からのリクエストで、この日が誕生日で聞きに来ていた母に全員で「Happy Birthday」を合唱していただき私たちも演奏しました。

サプライズに驚きましたが、ありがとうございました。

 

 

 

ライブレポートは以上ですが、お客さまと一体になって楽しくコンサートは終了することができました。

盛り上げていただいたお客様、遠方にもかかわらず時間を作って駆けつけてくださったお客様、スタッフ、関係者の皆様、本当に本当にありがとうございました!!!

 

いただいた花

お花やたくさんの差し入れをありがとうございました!

 

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

  • 2016.07.30 Saturday
  • 06:34

Comment
ピアノ演奏素晴らしかったです!
さすがですね、感激しました。もっとピアノ聞きたかったです。
  • yuki
  • 2016/08/04 12:14 PM
yukiさま♪

先日はありがとうございました。これからも精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。次はもっとジャズ色の濃い演奏会を予定しています。
  • naomi
  • 2016/08/05 9:36 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback