Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

コンサート

今後の予定2017年11月、12月

今週も先週に続けて台風がやって来ていますね。

みなさんのところは大丈夫でしょうか?

くれぐれも外出時にはお気をつけください。

 

私は昨日ジャズピアノの発表会が終わり、晴れ女としては初めての雨に降られてしまいましたが、今日でなくて良かったと安堵しております。

昨日の発表会の模様については後日アップします。

 

 

11月は12日(日)に「ジャズピアノアドリブ」セミナーを催します。

外部の方のご参加も大歓迎です。

少人数制のためお早めのお申し込みをお願い致します。

 

詳細は以下の画像クリックして拡大してください。

ご予約、お問い合わせは私のHPトップよりe-mailでお願いいたします。

 

11/12アドリブセミナー

 

 

11月26日(日)は調布パルコ7階のレストランフロアでフルートと演奏を行います。

入場無料ですので、お買い物ついでにお立ち寄りください。

 

パルコデモ演チラシ

 

12月2日(土)は恒例の京王線柴崎駅南口改札前、「Jazz Clubさくらんぼ」にてトリオライブを行います。

さくらんぼのfacebookからか直接お電話でご予約をお願い致します。

当日でもご予約がない場合には入場をお断りする場合がございますので要予約でお願い致します。

12/2さくらんぼライブチラシ

 

この後も年末までコンサートが続きますが、詳細については後日アップします。

 

よろしくお願いいたします♪

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

 

 

  • 2017.10.29 Sunday
  • 16:26

展覧会

スーパーえびすリアリズムin調布 蛭子さんの展覧会

漫画家というかイラストレーターというか芸能人の蛭子能収さんの展覧会が調布パルコでやってます。

先日レッスンだったのでパルコの5階へ見に行きました。

 

蛭子さんの漫画ってヘタウマな感じだったのであまり興味がなかったけど、やっぱり面白かった。

 

蛭子能収展

入口には大きな看板。

 

そして蛭子さんが立っていました(笑)

蛭子能収展2

中には4コマ漫画やイラストが展示してあり、狭い会場ながら週末はお客さんで賑わっていました。

 

このおみくじスマートボール、子供に混じって大人がみんな遊んでいたので私も遊びました。

ボールが転がったとこに大吉から凶までイラストが書いてあるのです。

蛭子能収展3

シンプルだけど面白かった。

ちなみに私は大吉のところに入りました♪

 

 

まだ来月までやっているのでもう一回行ってこようかな。

入場無料です!

クスッと笑ってしまう蛭子さんの独特の漫画が楽しいのです。

 

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

 

 

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 00:20

お気に入り

コスモス園にて 宮城県大崎市

家族が住んでいる宮城県大崎市にコスモス園があります。

松山町というお酒の一ノ蔵で有名な町です。

 

平日で時期が過ぎましたがとぼとぼとコスモス園へ行ってきました。

 

コスモス園入口。

コスモス園入口

 

最盛期は過ぎて閑散としていました。

私の他には一組の母娘の親子がいるだけでした。

コスモス園

 

見頃の時期にはどんなに素晴らしいだろうと思いました。

家族は何度か行っているようですが私は初めて行きました。

売店やイベントができるドームのような建物もありましたが、もちろん閉まっていました。

 

でも静まり返ったこういう施設もいいなぁと思います。

入場は無料です♪

コスモス園2

 

高台に上ってコスモス園と松山町を一望しました。

コスモス園から松山町を望む

 

宮城では県知事選や南三陸町では町長選挙があり、これに衆院選があって先日は大騒ぎでした。

知事はまた村井さんに決まったようです。

村井さんの信頼は厚いですね。

また宮城の復興をよろしくお願いします。

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

 

 

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 00:02

つれづれなるまま

七ヶ浜町に行ってきました その2

七ヶ浜町に行く時には必ずと言って良いほど行く「七ヶ浜国際村」があります。

この施設はコンサートホールがあったり、ワークショップやイベントが催せるモダンな建築物です。

 

この日は珍しく何のイベントもやっていないので閑散としていました。

 

七ヶ浜国際村2

この奥のドーム型になっているのがコンサートホールで、ここは野外音楽堂みたいなものです。

水に囲まれてとても素敵で、私の夢はここでピアノのコンサートをすることです!

でも天候に左右されるし海風が吹くので楽器には悪いかも。。。

 

晴れ女と豪語している私なので大丈夫かな(笑)

七ヶ浜国際村

 

舞台に立って歌ってみる(爆)

七ヶ浜国際村3

 

もうね、この日はなんだかどの写真も目をつぶったものばかりで嫌になっちゃう!

目が大きいから昔からよく目を閉じたものが多くてね失敗ばっかり。。

 

周りには赤い実をつけた木がたくさんなっていました。

クリスマスみたい。

赤い実をつけた木

 

 

 

震災後の菖蒲田浜海岸。

七ヶ浜8

 

国際村から海を望む。遠くに船が見えました。

新しい家もどんどん増えていましたよ。

津波に遭ってもみんな海に家を新築するんですね。

国際村から海を望む

 

私も海が好きだから気持ちはわかります。

私もこの町に家を持ちたいと思ったことがありますから。

 

 

七ヶ浜町の復興をこれからも応援していきたいと思います。

 

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 23:38

つれづれなるまま

七ヶ浜町に行ってきました その1

先日用事があり田舎へ行っていました。

そこで久しぶりに七ヶ浜町へ行って震災後の復興の様子を見てきました。

 

震災後すぐの2011年4月ごろの七ヶ浜町です。

以前ここでも紹介しましたが、津波の惨状を写真に撮りました。

家の中は津波でくり抜かれ車や船が田んぼの方へ流されていました。

 

七ヶ浜2七ヶ浜1七ヶ浜3

 

 

そして現在、ここがあった場所に「七のや」という七ヶ浜の地元で採れた海産物を購入したり食事をしたりできるお店が昨年出来ました。

話題のお店に早速出かけてきました。

県外からも訪れる客がたくさんいるそうです。

 

震災後すぐの花渕浜。痛々しい津波の傷跡です。

七ヶ浜5

 

いまでは目の前が海ですが、商業関係の建物は新しく立て直しされきれいになっていました。

七のや

中はこのようになって広々とした食堂や海産物を売っていたり、海産物を焼いて食べるところもあります。

七のや内観

海鮮丼を食べました。

海鮮丼

美味しくて大ヒットです!

いろんなところで食べてきましたがここのが一番だと思います。

丼の刺身もたくさんあり、中のご飯は酢飯です。やっぱり海鮮丼は普通のご飯より酢飯の方が私は好きです♪

 

イカやタコ、さんまなど、たくさんの地元の海産物を購入して帰りました。

何もなかったところに賑わいができて少しホッとしました。

 

店の前ではアホな私がまた写真を撮ってきました(笑)

七のやの前で

ちょっと、股間にウニって…(苦笑)

 

でも嬉し楽しで、少しでも復興の役に立てればと思いました。

 

 

地元ではまだまだ震災のニュースが毎日報道され、仮設住宅に住んでいる方のことも常に取り上げていますよ。

やっぱり中央の東京は震災の被害があった地元に比べてかなりの温度差がありますね。

帰省するたびに震災後の復興について考えさせられます。

 

 

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 23:25

News

ジャズ・ピアノ理論の基礎 2017再版しました!

先日まで暑いと言って半袖を着ていたのが嘘のように冷え込んできましたね。

私は風邪をひきそうになりましたが、気力で立ち直りました。

みなさんもお大事にしてくださいね。

 

さて、今年も「ジャズ・ピアノ理論の基礎」が再版されました。

ロングセラーとなっています。

読者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

 

いつもの通り、中身は修正ぐらいでほとんど変わらず、応用曲も今回は差し替えませんでした。

すでにお持ちの方は再度ご購入なさらないようにお気をつけください。

 

この再版に伴い、来月11月12日はセミナーを予定しておりますのでまた詳しくはこちらでお知らせいたします。

 

年末にかけてイベントや自分のライブやサポート、クリスマスコンサートなど目白押しです。

皆様のご支援を今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

ジャズピアノ理論の基礎2017

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

  • 2017.10.19 Thursday
  • 08:12

お気に入り

秋ですね〜 2017

この季節になると、栗で作ったお菓子が売り出されますね。

和菓子とお茶が最高に美味しい季節になりました。

 

先月末から我が家では頂き物の和菓子が豊富です♪

 

先月末に日本橋三越で「あんこ博覧会」が催されていて、どんなものか見に行ってきました。

思ったほど出店数は無かったですが、綺麗なお菓子を購入してきました。

下の写真にあるもみじやイチョウの葉、白っぽく見える栗はすべて食べられます。

あんこ博

ふきよせは中に餡がサンドしてあります。

あんこ博2

 

次は京都の老舗「亀屋友永」の小丸松露です。

あまりの美しさに見とれてしまいました。

亀屋友永

 

これも頂き物。一番下の十五夜のウサギの絵の饅頭がかわいい♪

紀伊国屋、花園饅頭

 

最後も頂き物。「たねや」の西木木(さいぎぼく)と栗大福。

たねや

栗きんとんの濃厚な味と大福の中の大きな栗がおいしゅうございました♪

 

上生菓子は日持ちしないため、こういう時だけはもう一人自分がいればと思います(笑)

 

 

食欲の秋!

食べた分だけこれからも継続して運動を続けていきたいと思います!!

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 06:54

News

地元のお祭りに行きました!

まだまだ今はちょっと歩くと汗ばみますね〜。

長袖を着ようと思うのですが、すぐに大汗かいてしまう私です。。。

 

今日は地元の神社のお祭りがあるというので夕方に遊びに行ってきました♪

今の場所に10年以上も住んでいるのにお祭りには一度も行ったことがありませんでした。

毎年9月の4週目の土日に執り行われるお祭りなので昨日と今日、お神輿が出て賑わっていました。

朝から「わっしょい!わっしょい!」の掛け声が近所に響き渡りました。

 

いつも土日は仕事なので、仕事帰りにお神輿を担いでいるのを見るぐらいで、実際に神社にお祭りを見に行くことは無かったんですね。

 

歩いて数分の神社へ。

神輿のあるメイン会場から神社は奥まった方向にあるので、わかりにくいところにあります。

だんだん神社に近づいていくと、人影がちらほら。

 

あ、やってるやってる!

八幡神社

 

まずはお参りをしました。

八幡神社2

 

たま〜にこの神社の近くは用事で通りますが、普段は閑静な住宅街のなかで鬱蒼とした木々に囲まれた神社です。

 

神楽も見ることができて良かったです♪

神楽3

神楽2

 

 

神社のお祭りの出店で食べ物を買うのはすごく私にとっては珍しいことです。

焼きそばとたこ焼きは買おうと心に決めて(笑)お金を握りしめてきました(爆)

たこ焼き

たこ焼き一個がすごく大きくて、その割にはタコが小さくて(笑)

 

そして焼きそばの方、もう、おばちゃんが詰め詰めにしてくれて容器からはみ出しちゃってさ(笑)

焼きそば

だったら最初から大きな容器に入れてくれればいいのにさ。

多くあるように見せるワザなのか‥…

でもね、ニラやキクラゲが入って美味しかったよ。

具材が珍しいね。いまどきはそうなのかな?昔はもやしとキャベツだけだったような気がする。

少食になった私は半分ずつ残しました(自分でも信じられない!一年前の私なら完食してた)

 

 

最後は自宅近くでお神輿を見て無病息災を祈ったとさ。

お神輿

 

出不精の私にしては珍しく、支度してお祭り見に行くなんて自分でもびっくり!

 

なんだか風情があって良かった。

地元民としてこういうお祭りに参加するのも悪くないなぁと思った。

 

 

 

趣味の「アクセサリーの部屋」も更新したので見てくださいね♪

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

  • 2017.09.24 Sunday
  • 23:15

食べる

祖母のおはぎが食べたくて

お彼岸に入りました。

 

人はときどき、食べ物の味や匂いで昔にあったことを強烈に思い出すことがあります。

 

私が小さい頃、生まれつき体の弱い弟が入院しており、母が付き添うため一時期母方の実家へ預けられていた時がありました。

料理上手な祖母は毎日家族のために美味しいごちそうを作ってくれました。

今の私が料理好きになったのは祖母→母→私と受け継がれたものと信じています。

当時、よく寄り合いがあって、大勢のお客様をもてなす時がありました。

御膳でごちそうを出す時もありました。

祖母は料理上手のため昔から仕出し屋さんのようだと言われていました。

他のお宅に呼ばれて料理を作りに行くこともあったようです。

 

田舎名物のずんだ餅やおはぎも頻繁に作ってくれ、私もお手伝いしていました。

 

 

先日、今は亡き母方の祖母が作ってくれたおはぎを思い出し無性に食べたくなりました。

 

 

今時はお彼岸になるとスーパーやコンビニでもおはぎが簡単に手に入ります。

大好きな和菓子の仙太郎でぼた餅と季節の栗を使ったお菓子を買ってきました。

 

仙太郎仙太郎ぼた餅

 

もち米の中には青じそが入っています。

美味しい♪

大好きなおばあちゃんのおはぎ、食べているようでした。

 

家族と離れて暮らし寂しかった幼少時代、しかしそれを埋め尽くしてくれるほど愛情を注いでくれた母の両親。

今も毎日思い出して感慨深くなります。

 

 

趣味の「アクセサリーの部屋」も更新しました!

ぜひこちらもご覧ください。

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

  • 2017.09.23 Saturday
  • 06:47

つれづれなるまま

自立できない大学生

この春に私の隣に大学生が入居しました。

実家を離れ有名大学に入学したそうです。

 

以前もこのブログに書きましたが、なんの挨拶もなく、ただ隣の雰囲気が違うなと思っていたり、ご両親が来て引越しの荷物を入れていたので新しく入ってきたとわかりました。

 

昨晩、郵便受けを見たら隣のポストが書類やチラシで蓋が閉まらなくなり凄いことになっていました!

私は毎日帰宅するとポストを必ずチェックしますが、隣の学生は入居してから全然ポストを見ていないのか日増しに郵便物が溢れていくのを見ていました。

オーナーに報告して片付けるよう言いました。

私にとっては何の迷惑もかかっていませんし、他人事なのですが、ポストを一杯にしていると無用心ですし、溢れて下に落ちたら迷惑がかかるし、勝手に人の物を処分したりできないので困ることになります。

オーナーは「全然お会いすることがなくて…留守がちなのでしょうかね?」

なんて言っていましたが、ガタガタ壁伝いに音がしてうるさいので毎日学校以外は家にいるのはわかります。

 

雨が降った次の日もずっと何日も使った傘や雨靴を玄関の外に出しっぱなしでだらしがない人だという感じはいつもしていました。

オーナーに今朝会った時には「まだ若いから田舎を離れて親離れできていないんじゃないかしら」などと言っていました。

 

私は大学で東京に上京した時にはまず大学の寮に入りました。

良かったと思っています。

それまで、アルバイトもしたことがなく、就学旅行以外は外に泊まったこともなし、まったく親に依存していましたから、いきなり東京に出て一人暮らしなんてできなかったでしょう。

食事も朝晩出て、決まった時間に入浴、自分で洗濯することを覚え、門限、消灯など規則正しい生活を3年送りました。

特に部屋は2〜3人部屋でプライバシーはほとんどなし。

テレビは食堂で見る以外部屋には無し。持ち込みも許されません。

携帯電話はまだ普及していなかったので、電話は毎日当番制で受付が電話交換をします。こちらからかける時にはロビーにある公衆電話数台からかけるしかありませんでした。

毎朝の掃除当番もあり、自由気ままな好き勝手なことはできませんでした。

 

そういう風に鍛えられてきたので、人見知りだった私は少しずつ社交的になっていきました。

先輩後輩にきちんと挨拶もしなくてはいけないし、無視をすれば悪口が寮内に広まります。

 

だいぶ鍛えられましたね。

そこで培ったものは大きいです。

それに、大学の寮に入れる生徒は入試の時の成績順に希望者から入ることができ、友人の中には希望していたが漏れたと言っていた人もいました。それを思うとありがたいことです。

だから寮生はみんな優秀な学生なので、先輩に勉強を教えて頂いたり後輩に教えたりと助け合うのです。

 

友人の中には一人暮らしが合わず体調を崩し実家に戻ったきり中退する者も居たり、不摂生がたたり、寝坊したり学校にも出てこないで遊び歩き、留年した者もいました。

 

音楽の仕事を当時私はすでにしていたので、門限が厳しい寮では限界があり、最後の4年生の時にある程度の稼ぎがあったので親に頼んで一人暮らしを始めました。それが無ければ4年間ずっといてもいいかなと思っていました。

多分4年住んでいたら寮長になっていたでしょう(笑)

4年間住んでいた友人も結構いますし、4年になると授業が少なくなるため関東圏内に実家がある学生は実家から通うようになり3年で退寮するんです。

 

寮では季節ごとに様々なイベントが催され楽しかったです♪

幸せでした。

親に感謝です。

当時は寮の方が年間の費用は割高で一人暮らしの方が安く上がると思われていて一人暮らしも多くいましたが、まだ学生で子供なのに節約生活なんて出来るはずがありません。要領を得ないと生活費も無駄にかかってしまいます。

私の場合はほんとうに寮に入って正解でした。

 

そのうち異性も部屋に出入りするようになると思う。

親としては一人暮らしをさせるリスクっていうのはこういうのを心配しないといけませんよね。

学生は親のおかげで勉強させてもらっていることを忘れないでほしい。

 

 

話は長くなりましたが、過保護に育ったのにいきなり親元を離れて一人暮らしをさせるとは今の親はほんとうに甘やかしすぎると思いました。

 

 

 

 

HPトップに戻る

 

 

 

 

 

 

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 08:11