メイクさんとのお別れ

  • 2005.08.04 Thursday
  • 00:19
私は仕事がら、ステージに立ったり宣伝用写真を撮ったりすることが多いので、その都度向こうが用意して下さるメイクさんにメイクをしてもらいます。でもプライベートでは、いろいろなシチュエーションに合わせて要求を聞いて下さるメイクさんにお願いしていました。
下の写真はボビイブラウンの中林さんです。彼は、7月一杯でお仕事を辞めてしまいました。福祉の勉強をして、老人メイクをしていきたいとの意思があって辞めるそうです。華やかな世界から福祉の世界へ、彼の夢は素晴らしいです。とても残念だったのですが、3年近くお世話になった中林さんに新しい門出のエールを送りたいと思います。演奏会、大事な打ち合わせ、友人の結婚式、デートに至るまで、様々な要望を聞いて下さり、その時の髪型や洋服に合わせたメイクをしていただき、まわりの人から好評でした。いろいろなメイクのアドバイスをしていただいたおかげで、化粧に無頓着だった私もきれいになる楽しさを知りました。ありがとうございました。中林さんのメイクの腕でたくさんの人を幸せにして下さいね。
※ボビイブラウン=アメリカのコスメブランド

7月の作品

  • 2005.07.31 Sunday
  • 15:05
一ヶ月が経つのは早いものですね。もう月末なので、習字を出品します。今回は「たなばた展」なのでこの作品を提出します。ここ最近、風邪なのか、またのどが痛く、咳が出るので、集中できないままに書き上げてしまいました。
百人一首第52番 作者:藤原道信朝臣
「あけぬれば くるるものとは しりながら なほうらめしき 朝ぼらけかな」
大意:夜が明けたなら必ず日が暮れて、またあなたと逢えるのだとは知っていながら、あなたとしばらく別れなければならないことが、やはり恨めしい明け方であるよ。

本ができました!

  • 2005.07.28 Thursday
  • 23:40
「ポピュラーピアノが弾けちゃった」を再版いたしました。サイズ、装丁も一新して親しみやすい本となりました。出版元の自由現代社の竹村社長、編集部の大須賀さん並びに社員の皆様、お世話になり、ありがとうございました。
また、秋には私のアレンジが入ったミュージカルのピアノ曲集が出版される予定ですので、みなさんどうぞ宜しくお願いいたします。

生きるために食べる

  • 2005.07.23 Saturday
  • 20:39
最近、涼しい日が続いていて、私としては嬉しいかぎりです。今夜はゆっくり自宅で夕食を食べました。料理好きなので、手料理とお酒でゆっくり過ごすのがなによりの歓びです。今夜は陳麻婆豆腐とゴーヤサラダを作って食べました。麻婆豆腐は本格四川麻婆豆腐なので、山椒がきいて辛い辛い!でもおいしいー!イヤシい系の私は食欲が無くなるということは滅多に無いけれど、明日の活力のために美味しいものを作りたいといつも考えています。今日も美味しいごちそうが食べられてありがとう、と感謝。「明日を生きるために食べる」大事なことですね。

モーツァルト「ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K467」第2楽章

  • 2005.07.18 Monday
  • 17:09
スウェーデン映画「短くも美しく燃え」で使われた音楽です。戦時下、軍隊を脱走した中尉とサーカスの綱渡りの踊り子の悲恋。逃亡を続けるが、やがて所持金もなくなり二人は死を選択する。近くに小川が流れるきれいな草原で、バスケットに入っているわずかなパンとワインで最後の昼食をとる二人。空腹に耐え兼ねた踊り子は木の実を食べるがもどしてしまう。そして、彼女の目の前を飛んでいた1羽のちょうちょを子供のように追いかけとらえようとした瞬間、1発の銃声が鳴り響く。続いてもう1発。幼い頃に見た映画ですが、衝撃的で悲しかったのを覚えています。でも、ラストの美しさは今でも印象に残ります。
できることなら、私も「短くも美しく燃え」たいです。

私の好きな映画音楽始めます。

  • 2005.07.18 Monday
  • 17:08
私がジャズの世界に入ったそもそものきっかけは、クラシックピアノを習っていたということもあるが、両親の映画好きから始まる。物心ついた時には、家に映画のサントラ版LPがたくさんあって、生まれる以前の見たことが無い映画の曲も聴いていた。生意気にも幼稚園の頃からレコードに針を置いて自分でかけていたのだ。毎晩、親はTVで放映している洋画を見せてくれた。日本のドラマなどは見せてもらったことが無い。そのおかげで、年齢のわりに往年の名優の作品を数多く知っている。映画音楽はクラシックからジャズまで幅広く、私の幼い心をワクワクさせる物ばかりであった。とくに、フランス映画はジャズの重々しさがゾクッときたものだ。当然、音楽監督にも興味がわいてくるのである。私のジャズの原点はこのあたりからだと思う。

ぶらり散歩の巻き

  • 2005.07.16 Saturday
  • 21:37
今日は久しぶりの休みだったので、がらにも無く、カメラを片手に散歩に出かけました。とは言っても、髪の毛がボサボサになってたまらないので、行きつけの美容院に行くために歩いただけなのです。普段は電車を乗り継いで行くところなのですが、涼を求めて歩いて行きました。私の家は幹線道路の一本裏手にあるのですが、閑静な住宅地に囲まれています。家のもうひとつ裏の方は自然が一杯で、散歩するといろいろな風景に出会うんです。暑いけど、昨日よりは日差しも強くないし、歩くには心地良いかなと家を出ました。普段も歩くのは苦痛じゃないので、歩けるところは運動を兼ねて歩くようにしています。しかし、プロに言わせると20分までの歩きはエネルギーが燃焼されなく、それ以上の時間から燃焼が始まるので、身体にとって良いのだそうです。片道30分弱かな?そのくらい歩きました。歩いている時には暑いと感じなかったけれど、美容院に着いてから汗が頭からダーっと流れてきました。途中、畳屋さんがあったりして、新しい畳の匂いに、小さい頃家を新築したときの思いがよみがえりました。懐かしいです。匂いで、いろんなことが瞬時に思い出されるのなんて、人間て凄いなと改めて思いました。行きは予約時間があったので、寄り道せずに美容院に行ったのですが、帰りはゆったりと、本当に最近の自分が忘れていたゆとりの心で歩いて帰りました。その途中で、いろいろな景色が見られ、都会のオアシスをカメラに収めました。涼しいところって探せばあるんだなと思った一日でした。でも写真を撮ることに夢中になっていた私は、虫対策をしていなく、肌を露出していたため、ヤブ蚊にいっぱい刺されて帰ってきました。そういえば、私は蚊に刺されやすい体質だった!失敗(T_T) 以後気を付けなければと、とんだおまけがついた散歩でした。散歩した時には、いろいろな曲が頭の中をめぐりました。仕事がら、どんなに時間があっても頭の中だけは音楽だらけだと思いました。

反戦

  • 2005.07.13 Wednesday
  • 23:37
今日、DJ科の生徒が着ていたTシャツです。有名なラッパーがデザインした反戦Tシャツです。絵柄を見れば説明しなくてもお分かりいただけるでしょう。

You're My Everything

  • 2005.07.12 Tuesday
  • 22:17
好きな歌手はたくさんいるけれど、中でもAnita Bakerは大好きな一人です。この曲は昨年11月発売のMy Everythingのアルバムの一曲目です。ひとつの恋が終わるたびに彼女の歌に励まされています。彼女のラヴソングは私にとって無くてはならないものです。以前、アメリカに行った時に彼女のソング集を楽譜屋で探していたところ、店の店員から、「日本ではホイットニーが人気だけど、アメリカ人はアニタが最高なのさ」と言われたことがあります。彼女は出産、子育てでしばらく休業していたけれど、復帰アルバムなのです。『待ってたよ、Anita!』と言わんばかりに久しぶりのアルバムに嬉しくなったものです。彼女は愛する息子から、ある日「ママは昔、歌を唄っていたことがあるの?」と聞かれたそうです。それを機にまた音楽の世界に戻ってきたそうです。いつも彼女の歌に勇気づけられます。「naomi,元気を出しなさい。本当のLoverを探しましょうよ」と語りかけてくれるようです。以前、アメリカで彼女のライヴを聞いた時、涙があふれて止まりませんでした。そんな一曲です。下の写真はBerklee Todayの記事からです。左から:Commencement honorees Kevin Eubanks,Ron Carter,and Anita Baker with President Roger Brown before the May 7 ceremony.
左から:Commencement honorees Kevin Eubanks,Ron Carter,and Anita Baker with President Roger Brown before the May 7 ceremony.

レコーディングの巻き

  • 2005.07.12 Tuesday
  • 19:54
私の好きな一曲以外、ミュージシャンなのに音楽の話題がさっぱり無かったので、ここでひとつ。今日、レコーディングが無事に終わった。何回こなしても緊張するものである。新人の子の唄う歌にピアノで伴奏を入れるものである。自分のソロやバンドなんかでは、間違えても多少許してもらえるものだが、伴奏というものは大変だ。こちらが間違えたりすると、ソリストのテンションが下がってしまう。気を遣うのだ。それでいて良い演奏、歌を唄って欲しいと伴奏にも力が入るので、恐ろしい緊張感がある。OKをもらった時のお互いの開放感は何とも言いしれぬ喜びがある。今日は酒がうまいぞ!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

CD付き ピアニストのための モダンジャズアドリブテクニック アドリブを効率よく練習できる!
CD付き ピアニストのための モダンジャズアドリブテクニック アドリブを効率よく練習できる! (JUGEMレビュー »)
遠藤 尚美
ジャズのアドリブテクニックがマイナスワンCDに合わせて練習できます!

recommend

苦手な楽譜もスラスラ読める! 初心者のかんたんピアノ入門(CD付)
苦手な楽譜もスラスラ読める! 初心者のかんたんピアノ入門(CD付) (JUGEMレビュー »)
遠藤 尚美
音符が読めなくてピアノを諦めた方への本です。音符とリズムが楽しいキャラクターになり、CDと一緒に分かりやすく練習できます。

recommend

ビギナー用楽器入門 ポピュラーピアノが弾けちゃった (ビギナー用楽器入門)
ビギナー用楽器入門 ポピュラーピアノが弾けちゃった (ビギナー用楽器入門) (JUGEMレビュー »)
遠藤 尚美
初めてピアノを始める人にもわかりやすく、楽譜が読めるようになります。コード表付き!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM